アジアの猫たち

Klang Na Restaurant

Gガールの撮影でバンコク郊外のレストランへ。
以前も紹介したネコ屋敷である。

ネコたちはすっかり大きくなりほぼ成猫といったところ。
e0194527_3243613.jpg
それでもまだ子供、やたらに甘えてくるし
人が近くにいなくなると寂しそうに声を上げるのであった。

e0194527_3312412.jpg
室内飼いで甘やかされて育ったネコのごとき無抵抗の寝姿。
世の中に天敵などいない、苦労などないと信じているネコにだけ許されたこのリラックス感。
ま、ここの家族みんなのんびりぽや~んとしているし、
お客はけっこう様子も品もいい余裕のある人たちが多いから、快適な環境なんだろう。
こいつは、撮影でおじゃましていた3時間以上もの間、同じ場所で、
ず~~~~~~っと寝こけていた。

e0194527_3421667.jpg
そして添い寝してやるきょうだいネコ。
毎度のことではあるが、Gガールよりもネコのほうをより可愛いがってしまった。
ともかくすくすくと育っているようでなにより。また来ます。

いつの間にかウサギまで増えていた。
e0194527_3482945.jpg

[PR]
# by give-me-mail | 2010-03-30 03:50 | Thailand

アソーク駅の主ふたたび

以前取り上げたアソーク駅を根城としているネコ。
このごろ見ないな~と心配していたのだが、久々に遭遇。
そしたら何か、ちょっとワイルドなツラ構えになっていた。
e0194527_43477.jpg


モフらせてはくれるのだが、あからさまにイヤな顔をするようになった。
それでも触っていると「チッ、ウゼーな」とばかりに逃げる。
ターミナル駅のマスコットとして多くの人間に構われているうちに、
性格がねじくれてしまったのだろうか。
そういうネコも嫌いではないが。
[PR]
# by give-me-mail | 2010-03-20 04:09 | Thailand

迷子

我が家の近所にビラが貼られていた。
e0194527_457273.jpg

飼い猫が行方不明らしい。

愛猫を失なう悲しさは、よく理解しているつもりだ。
しかし残念ながら、もう生きていないのではないだろうか。
凶暴なノラ犬がいるソイだし……。

室内飼いなのに外に出てしまうネコ。
大きくわけて2種類いると思う。

1.飼い主にムカついて、つまりスネて、家出するやつ。
  この場合、ごく近所に潜んでおり、すぐに見つかる。ていうか「見つけて」と待っている。
  飼い主が旅行で家を空けた時などにこの行動に出る。

2.もともとノラネコだったり、やたら活発だったりで、家の中で暮らせないやつ。
  この場合、閉じられた空間では適応できないので、出たら最後、見つからない。
  放浪の果て、どこかで死ぬ。

このPoontangというネコは、どっちだったんだろう。
あるいは俺の知らない生態があるのかもしれないけれど。
まあでも、それが定めだったんだろうね、としか言いようがない。
[PR]
# by give-me-mail | 2010-03-12 00:54 | Thailand

ネコ屋敷ナナプラザ

2月22日って、にゃんにゃんにゃんでネコの日なんだってさ。
日本版アニマルプラネットでは、本日24時間ネコまみれ、
1日中ネコの番組を流しているらしい。うらやましい。

そんなネコの日だからというわけではないが、
さまざまな偶然が重なり、今日はたぶん計20匹くらいのネコと交流した。
実によい日であった。

そのうちの一部、ナナプラザにて。
e0194527_2115869.jpg

e0194527_2135329.jpg

ナナが実は隠れネコ屋敷であることは前々から知っていたが、
3階に来るとそこらじゅうにネコどもがうじゃうじゃ。
こんなにいたとは。
e0194527_2172913.jpg


ゴーゴーバーが本格開店する前、夕方に訪れたのだが、
まだ客も少なく、店の人間も食事をとったりしていてマッタリしており、
この時間にネコにエサを与えているようだ。

人間にメシ食わせてもらっているわりには、警戒心が強くモフモフはできない。
軽くさわらせてくれる程度で、個体によっては激しく抵抗したり逃げたりする。
しかし、群れによっては誰でもモフモフ・抱っこ可能だったり。
ネコが警戒心を解き、モフ状態になるまでの過程を映像で撮ってみたい。

それにしてもナナプラザのネコはキレイなのが多いな。
e0194527_2285768.jpg

[PR]
# by give-me-mail | 2010-02-22 22:22 | Thailand

ハヌマーン

ネコばかりだとネタが尽きると思うので、
今回はサルをとりあげてみる。

e0194527_1522147.jpg

タイ76県の中でも、とりわけマイナーなプラチュアプ・キリカーン県。
そのナイムアンで一番大きなワットにいたサル。
仲間が無数にいて、目が合うと威嚇してくるのでけっこう怖い。

めちゃくちゃ長い石段が山頂まで延び、そこに寺院があるんだけど
(写真下に見える寺とはまた別)
その石段の途中、関門のようにこいつらの群れが立ちふさがる。
襲われてケガする人とかゼッタイいると思う。

ここのように、タイの寺院の中にはサルの保護区みたいな場所がいくつかある。
サルばかりでなく、野良犬や野良猫、そして野良人も保護してくれる、
とっても優しいタイの寺なのだ(たぶん)。

ちなみにプラチュアプキリカーン県はビーチリゾート・ホアヒンで有名。
県名を知る人はあまりいないが……。
[PR]
# by give-me-mail | 2010-02-18 02:01 | Thailand



タイを中心にアジア各地で 出会った猫たちに萌える
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30