アジアの猫たち

古都・鹿港

今回の大震災に際してアジアでは、
タイと台湾が突出して、少し過剰ではないかと思ってしまうくらいの、
泣けてくるほどの援助をくださった。
この御恩を、我々日本人は忘れてはならない。

そんな台湾は、
きっと震災のことも話題にしたい気はあるだろうに、
放射能に対する疑惑や恐怖もあるだろうに、
いつも通り、今まで通り、
何もなかったかのように、笑顔で日本人を出迎えてくれる。

ホテルのテレビをつければ、福島原発の直近まで接近した命がけのルポ。
日本の大手テレビや新聞ではできないことをやっている。
コンビニには募金箱。
街角では学生たちが声を涸らして、日本への寄付を呼びかけている。
台湾は、血肉をわけた肉親の国であると、実感させられた。

そんな台湾の西岸近くにある、
古都・鹿港(ルーガン)は、昔ながらの風情があって、なかなかに良かった。
旧市街の街並みがそのまま残っており、散歩が楽しい。

街には、地域の名産であるビーフンを使った「麺線」の店が
あちこちにあって、これがまた旨いのだが、そんな食堂の近くにいたネコ。
e0194527_7164648.jpg

e0194527_7185580.jpg

昼寝の邪魔をしたからか、
ちょっと起こしてみたらスゲーいやな顔をされた。
モフろうとしたら、「なんだテメー!」とばかりにニャオと叫ばれ、
さらに猫パンチを繰り出された。
台湾のノラは戦闘的な奴が多いような気がする……。
[PR]
# by give-me-mail | 2011-04-24 07:26 | Taiwan

タニヤプラザ

何度も書いてきたが、タニヤのネコどもは愛想が悪い。
酔っ払った日本人の変態とか、タニヤ嬢のヒモのチンピラとか
そういう人々が行きかう場所なのでわからなくもないんだが……。

そんなタニヤにそびえ立つ巨大ビル・タニヤプラザの前にいたネコ。
とっても珍しいことに愛撫させてくれた。
どこかのカラオケ屋で愛されているようだ。
e0194527_347459.jpg

e0194527_3475799.jpg

しかしタニヤでネコとじゃれあうのは、なかなかにキツイ。
知り合いに目撃されてしまう確率が非常に高いからだ。
俺の性癖を知っている人なら問題ないが……。

嗚呼。
100万匹くらいのネコにまみれて窒息死したい。
[PR]
# by give-me-mail | 2011-02-10 04:13 | Thailand

クラビー温泉

南国タイにも温泉がある。
……が、日本のように情緒豊かなものとはほど遠い。
さらに湯の温度はヌルいことが多いし、
水着着用が基本だし、
各種リラクゼーション施設が付随されているわけでもなく、
温泉文化に慣れ親しんできた日本人からすると
腹立たしいことこの上ない。

しかし、フジスーパーで「日本の名湯シリーズ」などの入浴剤を買うくらい
温泉好きなもので、取材などで機会があれば
どれだけショボくともいちおう入湯するようにしている。

で、去年の11月、クラビーに行った時も温泉に行ってみた。
クロントム温泉と言われていて、沸き出た湯が
ジャングルの中を流れており、河のようになっている。そこに入る。
なかなかワイルドで、ファランに人気。

そこでひとっ風呂浴びた後、休憩所で休んでいたらネコどもが。
e0194527_6341240.jpg

e0194527_6353575.jpg

遊びに来る観光客がメシをあげまくるんだろう、
やたらに人懐っこくて、甘え方をよく知っている世慣れたネコたち。
しかもまだまだ小さいから、可愛くって仕方ない。

……しかし、動物嫌いの我らがボスは、
ネコたちが間合いに入るのを警戒していた。
e0194527_644411.jpg

[PR]
# by give-me-mail | 2011-01-21 06:40 | Thailand

冬の砂漠

年末年始はウズベキスタンで過ごした。
一年中クソ暑いタイで暮らしていると、脳ミソが湯立って
もともと悪い頭がさらにバカになる気がして
毎年この時期は、必ず寒い場所を旅するようにしているのだ。

……が、ウズベキスタンは寒すぎた。
夜間になるとマイナス5~10度くらい、
キジルクム砂漠の果て、アラル海の干上がった跡地あたりでは
体感温度はマイナス20度くらい(たぶん)、
常夏タイとの温度差はシャレにならないくらい大きかった。

さらに旧ソ連ということで、暗~い街並みが多く、そんな意味でも寒かった。
ブ厚い毛皮のコートを買ってくるまり、白い息を吐いてひたすらに徘徊した。
寒さがつらいと感じたのは、10数年前に行ったチベット以来だろうか。

そんな気候なものだから、ネコたちとの出会いも少なかった。
特に首都タシケントではほとんど見かけることがなかった。

それでもイナカに行くと、わずかばかりのノラたちが相手になってくれて
凍えた心身を温めてくれるのだった。

そのうちの1匹。
街全体が世界遺産に登録されている古都ブハラ、
その西部にある歴代君主の居城アルク城の、
入口の門のあたりにいたのがコイツだった。
チケット売り場や土産物屋のオバハンたちから可愛がられている。
e0194527_3445957.jpg

e0194527_3455238.jpg

寒さからなのか、ウズベクのネコどもはみんな毛が長い。
とってもフワフワしており、抱いてみると身体の本体は見かけよりもずっと小さく、軽い。
そして上下から潰されたような横長ヅラの奴らばかりなのは、
ペルシャあたりの血筋なのだろうか。
e0194527_347164.jpg


また、節操のない熱帯アジアのネコと違って、甘えてくる奴も少なかった。
気高いというのか、生意気というのか。
明らかな民族性の差異を感じた。
[PR]
# by give-me-mail | 2011-01-15 03:48 | Uzbekistan

ソイ26

超久しぶりの更新。
2か月以上放置していたらしい。ブログなんてしょせんこんなもの。

その間、→にあるブログパーツ、
ブログペットのサービス終了が決まってしまった。
12/15で終わるんだとか。悲しい。
ていうかexciteブログは使えるブログパーツ少なすぎ。

まあそれはともかくネコ。
e0194527_3542921.jpg
スクンビット・ソイ26、柏屋旅館前にて。
ほかにも数匹のネコが確認できる界隈だ。
この1~2年で恥ずかしい店が大挙して入居した通りで、
入口にあるバミー屋は超有名。
[PR]
# by give-me-mail | 2010-11-24 03:57 | Thailand



タイを中心にアジア各地で 出会った猫たちに萌える
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30