アジアの猫たち

<   2010年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

キッチン新潟

引き続きプロンポン。
老舗の定食屋「キッチン新潟」は、もう何年も前からときどき訪れている。
なにを注文してもそれなりにいける安定感が頼もしい。

で、その隣に銀行があり、
「キッチン新潟」との間は駐車場に至る通用門になっているのだが、
警備員が座るこの入口近辺が、ネコゾーンとなっている。
常に3~4匹がたむろしている。
e0194527_5195139.jpg

時には「キッチン新潟」前の植木の鉢の中に2~3匹がもつれて眠りこけ、
ちょっと前に流行った「猫鍋」状態になっていることも。

しかし、警備員からメシをもらい、通りすがりの人間に可愛がられている割には、
こついらの警戒心は強い。軽く触れるかどうかという程度。
それでも世代が移り変わるうちに、数年前にいた連中よりは、
その子孫のほうが人間に慣れている感じはある。
e0194527_526443.jpg

e0194527_528568.jpg

久しぶりに見たけど、ちょっと痩せすぎ。
元気もないので心配だ。
[PR]
by give-me-mail | 2010-08-29 05:33 | Thailand

フジスーパー

スクンビット・ソイ33/1。
日本人御用達のこのエリアにも、ネコどもがいる。

何か所かネコエリアがあるのだが、
最も遭遇率が低いのがフジスーパーすぐ手前の植え込みのあたりだろう。
閉店間際の人が少なくなった時間帯が狙い目だ。

何匹かいるのだが、呼び寄せてみると、どれも警戒しながらも恐る恐る近寄ってくる。
脅かしたり急激な動作をしなければ、愛撫までもっていける。
抱っこしてモフることも可能。

ただし、常に日本人の行きかう場所である。
俺のような正体不明の中年男が座り込んでネコとじゃれあっていると、
駐妻やリーマン、時には日本人学校のガキどもや現採風のお姉ちゃんたちから
厳しい視線が容赦なく浴びせかけられる。
それでもがんばって写真を撮ってみた。精神の鍛錬にはなかなか良い。
e0194527_3305916.jpg

この直後、ネコ好きの日本人カップルがやってきて一緒にモフッてくれたので、
俺の存在はそれほど危険視されなかった。
「中年男」というのは、ノラネコウオッチャーとして最も不利な立場なのである。
[PR]
by give-me-mail | 2010-08-21 03:12 | Thailand

犬と猫

タイ国内にはクメール遺跡がいくつもある。
12世紀頃に栄えたクメール王朝、カンボジアが最もイケてた時代の遺物だ。

ブリラム県にあるパノムルン遺跡もそのひとつ。
かなり大規模なもので、見ごたえがある。
山頂に築かれた遺跡なので眺めもいい。

この遺跡を、伝説の風俗カメラマン・猫巻トオルと訪れた。
別件の取材に出かけたのだが、その帰路に立ち寄り、物見遊山。
そこにめちゃくちゃかわいい犬がいた。
e0194527_3572574.jpg

タイ人の観光客がつれてきていた犬らしい。人なつっこい。
腐った風俗記事ばかり書いていた猫巻氏だが、実は動物好きなんである。
なでなでしてかわいがっていた。
e0194527_3593293.jpg

ネコにはかなわないが、犬も良いですな。
でも従順すぎて距離感が近すぎるのがちょっと難かも。
[PR]
by give-me-mail | 2010-08-08 04:04 | Thailand



タイを中心にアジア各地で 出会った猫たちに萌える
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31