アジアの猫たち

<   2009年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

鳥来温泉

日本人にとって、台湾ほど過ごしやすい外国もないんじゃないかと思う。
親日的で日本語はやたら通じるし、食べ物も日本人に合う。
暑い国だけど四季はあるし、治安もいい。

そして温泉がいっぱい。
この前、台北取材の際に近郊にある鳥来温泉に行ったのだが、ここが最高だった。
泊まったホテルの内風呂も気持ち良かったが、
川沿いの露天風呂で女子高生と混浴するという偉業を成し遂げた(水着だけど……)。

ぽかぽかになって温泉街を散歩していると、旅館に飼われている猫と遭遇。
e0194527_319934.jpg

なでてもさわってもOKなのだが、ゴロゴロしたり甘えてきたりしない。ていうか無反応。
観光客が多いので、可愛がられるのに慣れているのだろう。
ちょっと寂しい。
[PR]
by give-me-mail | 2009-09-25 03:25 | Taiwan

港町

BTSでウォンウィエンヤイ駅まで行って、そこから歩いて国鉄ウォンウィエンヤイ駅。
そこは市場というかスラムというかゴミ溜めというか、まあそんな感じの古びた汚い鉄道駅。
ここからバンコク南西部に線路が伸びている。

出発してしばらくは、線路の両側はスラムと未開発の荒れ地。
やがて緑豊かな田園が広がる。
終点はマハーチャイ駅。港町で、あちこちに魚の市場がある。

だからなのか、猫が多かった。
e0194527_2101473.jpg

でも食べてるのはペットフード。
全員おなじ体格・毛色で、なんだかクローンみたい。
[PR]
by give-me-mail | 2009-09-23 02:12 | Thailand

タニヤにて

シルバーウィークとやらで、タニヤもいつになく盛況になっている。
景気の悪い話ばかりのタニヤも、少しは潤ってくれるといいが。

e0194527_521669.jpg

そのタニヤの中ほど、チャーンイサラタワーに至る道にいた猫たち。
撮影は一休カメラマン。

この周辺も隠れた猫ゾーンとなっているのだが、
警戒心が強くなかなかモフモフさせてくれない。
ていうか手の届かない場所を主に根城としているので接触できない。

こいつらのように、タニヤの各所では、
店舗の屋根に猫が住み着いている物件がいくつかある。
類推するに、タニヤだけで30匹以上の猫たちがいるであろうと思う。
タニヤにいる人間どもの性質が影響しているのか、
猫たちはどいつもこいつも、愛想のない野性むき出しのやつばかり。
触らせてくれ。
[PR]
by give-me-mail | 2009-09-19 05:14 | Thailand

電話ボックスの主

スクンビットのソイ11にある和食屋「卯月」に行く時に、いつも挨拶をするのがコイツ。
e0194527_3504354.jpg

ヴィラマーケット近くの電話ボックスを根城にしている。
高確率で遭遇できるので、野良猫ウオッチャーとしてはありがたい存在だ。

その時の機嫌にもよるが、おおむね人懐っこい。
今日など珍しく、お腹を見せて「構って構って」のポーズ。
すぐそばにはお姉ちゃんが大挙して客引きをしているマッサージ屋があり、
少々恥ずかしいのだが、甘えてくる猫には逆らえない。
しばしの間ウリウリしてやった。
e0194527_3512771.jpg


ところで卯月はラーメンが有名だが、一品料理もなかなかいける。
値段も手ごろで自宅からも近く、重宝している。
冷やしたぬき蕎麦の大盛りと、おくら納豆を食べて帰る帰路、
またコイツを構おうかと思ったのだが、白人観光客のカップルが写真を撮っていた。
俺みたいな奴がいるんだな。
ていうかお前、人気者だったのか。
[PR]
by give-me-mail | 2009-09-16 03:53 | Thailand

観光民俗村

写真を整理していたら、数年前にミャンマーに行った時のものが出てきた。
やはりメーサイ国境。
1日限定入国して、バイタクで郊外をうろついたときのもの。

e0194527_3101217.jpg

少数民族村にいた赤ん坊たち。
あまりの可愛さに、目玉である少数民族を放置してこいつらと戯れた。

この手の「村」はミャンマーだけでなく、タイ北部各地、中国雲南省にもある。
山に住んでいる少数民族をカネで釣り、移住させるのだ。
ひとつの村にリス族とモン族とパダウン族(首長族)が住んでたりして、とっても不自然。

カネで釣るといっても、定期収入を彼らに与えるわけではない。
エスニックな小物や雑貨を自ら作り、それを訪れる観光客に売る。
イヤイヤやっている民族舞踏ショーで観光客からチップをもらう。
そうやってしのいでいる。

「村」側は観光客ひとりアタマ数百バーツの入場料を取るので、かなり儲かっているはず。
売春の構図と、あまり変わりはない。
売るのは春か、民族の誇りか。そのくらいの違いだろう。

搾取だ人権侵害だと叫ぶほど俺は優しい人間ではないが、
こうした観光村は本当に気分がよくない。その「不自然さ」が気持ち悪い。
[PR]
by give-me-mail | 2009-09-08 03:25 | Myammer

パッポン2

シーロム・タニヤ方面で酒を飲んだ後、人と別れ、さらに飲み足りない時。
俺が行くのはパッポン2のフードランド。
夜12時を過ぎても平気で酒を売ってくれるのだ。

このフードランドの近くの駐車場に至る道が、猫ゾーンになっている。
e0194527_1351238.jpg

なかなか出会えないのだが、たぶん3~4匹はいると思う。
声をかけると即行でスリよってきてニャーニャー甘えてくる。すんごい人懐っこい。

ゴーゴーバー「エレクトリックブルー」の姉ちゃんたちから冷たい視線で見られつつ
猫とひと時、戯れる。最近は人の視線もどうでもよくなってきた。
[PR]
by give-me-mail | 2009-09-01 01:40 | Thailand



タイを中心にアジア各地で 出会った猫たちに萌える
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30