アジアの猫たち

ボルネオの旅 その5

ブルネイから、バスで国境を越えてマレーシアに入る。
ボルネオ最大級の街、コタキナバル(KK)に到着。
かつてはジェッセルトンと呼ばれ、日本軍のボルネオ進駐の拠点だった。

なかなか居心地が良かった。
メシは肉骨茶などの中華、ボルネオ風のマレー料理、洋食と、
何を食べてもとりあえず旨い。
ボルネオで最も旅行者が多いからだろう、
ホテルのコストパフォーマンスは高く快適で、
3000円も出せばwifi完備の中級ホテルにありつける。
ついでに言うとGスポットもいろいろある。
按摩とカラオケ置屋が点在しており、
働いているのは海峡を越えてやってきたフィリピン人が中心だ。

そんなKKには何日か滞在したんだけど、
ある日の早朝、散歩がてら展望台まで行ってみた。
瑞々しい緑豊かな遊歩道をひたすらに登りつめた場所にあり、
そこを根城にしているネコがいた。
e0194527_4185388.jpg

人間様の座るベンチを占領し、
訪れる観光客に「メシー、メシくれー」と横着にねだる。ふてぶてしい。
e0194527_4211569.jpg

展望台からは、KKの街がよく見渡せる。
港、市場、原色豊かなジャングルや海に浮かぶ島々。
ボルネオは本当に景色がクリアでキレイだ。
そして空気がうまい。さすがは地球の酸素タンクである。
[PR]
by give-me-mail | 2010-06-12 04:26 | Malaysia
<< ボルネオの旅 その6 ランナム通りにて >>



タイを中心にアジア各地で 出会った猫たちに萌える
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30