アジアの猫たち

ボルネオの旅 その4

ブルネイはパッと見、生活臭があまりしない。
バンダルスリブガワンの中心部を歩いている限りは、
なんだかテーマパークのようで、いまいち面白みに欠ける。
やたらに清潔で秩序だっているのもテーマパークっぽい。

それでも中心を離れれば、汚い団地群があったり、
バラックみたいなタウンハウスに住んでいる人々がいたりして
「ああ、この国にも貧乏人がいるのか」と安心させられる。

バンダルスリブガワンからバスで20分ほど行ったガドンという地区には
マレー風で昔ながらの住宅街兼商店街があって、
いい感じに薄汚く、非常に落ち着く佇まいだったのだが、
そこにはやっぱり薄汚いネコたちがいた。
e0194527_234021.jpg

タンドリーチキンみたいなの食ってた。
目つきと同様、愛想も非常に悪い。
e0194527_2363668.jpg

それにしてもブルネイはノラネコが多い。
撮影できなかった奴らも含めればかなりの数になる。
何か理由があるのだろうか。
[PR]
by give-me-mail | 2010-05-16 02:42 | Brunei
<< ランナム通りにて ボルネオの旅 その3 >>



タイを中心にアジア各地で 出会った猫たちに萌える
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31